クリス・ジェリコ
Chris Jericho

Chris Jericho

本名 : クリス・アーヴァイン
ニックネーム : ライオン・ハート
出生 : 1970/11/09
デビュー:1990/10/02
初来日:1994/02

カルガリーのハート兄弟のもとで修行し、90年にデビュー。その後カナダ、メキシコ、日本と転戦し、94年にスモーキー・マウンテン・レスリングで米国デビュー。同年から天龍源一郎率いるWARで活躍しながら、96年にはECWに参戦し、本格的な米国での活動に入る。WCWに3年所属した後、99年にWWF加入。以後あらゆるタイトルを総なめにし、2001年12月には、WWF・WCW両世界ヘビー級王座を統一。


クリス・ジェリコ: インタビュー

  HM Magazine 1999年3・4月 第76号
インタビュアー: Dale Thompson

(People Just Like Usより転載許可)

[ 英原文 ]

他のレスラー達は、あなたのイエス・キリストへの信仰に対してどういう反応を示していますか?

特に強い反応はありません。何人かは神を信じているし、偽者だと思ってる人もいます。実生活と同じです。

他にクリスチャンとして付き合いがあるレスラーはいますか?

WCWのロッカールームでは、エディ・ゲレロ、チャボ・ゲレロJr.、nWoスティング、アレックス・ライトがクリスチャンです。

ある人達は、「ロック音楽は神の栄光のためには使えない。」と言いますが、これまでプロレスラーであるという理由であなたの信仰に 疑問をもった人はいましたか?

少数いましたが、私達が知ってるとおり、主はどの分野の人でも用いる可能性があります。レスラーになる前からクリスチャンでしたし 、この道が与えられたのですから、主にとってはよしということではないでしょうか。

いつ、どの様にイエス・キリストを救い主として受け入れたのですか?

幼い時は教会に行ってましたが、そのうち止めました。16の時再び行く様になって以来ずっと行っています。主はいつも共にいてくださ り私を守ってくださりました。主なしでは生きれませんでした。

他のレスラーやファンに信仰と霊的な信念を証しできますか?

状況さえ許せば分かち合います。人生の試みや苦難の中にいる人達からメールをもらって、神に目を向けさせようとしたこともあります 。押し付けがましくはありませんけど。ただ、私個人の見解を分かち合い、自分の信仰を説明するだけで、誰かの喉に突きつけて強要す ることはありません。それは人々を遠ざけることになるからです。

どんなバンドを聴くのが好きですか?

へヴィメタルが好きです。メタリカ、KISS、ドリームシアター、ギャラクティック・カウボーイズ、トーニケット、ストライパー、バレ ン・クロス、アイアン・メイデンなどです。クラシックなものが好きなんです。

もし世界中のティーンエイジャーが聞いてるとしたら、彼らに何をいますか?

クリスチャンになれば楽しみが無いというわけではありません。主と関係を持つことによって、ぶっ飛ばすくらい最高になれるし、それ によって何にでもなれます。イエスを愛するなら、あなたの人生はもっと激しくROCKできます!

今何かの伝道活動に関わっていますか?

教会に行くのは楽しいのですが、中々定期的に行く機会がありません。今は主が私にやりたいことをやる自由を与えてくださってますが 、10年くらいしたら宣教師として導かれるでしょう。わかりませんが、アルゼンチンとかネパールとか…。

いつも巡業に出てながらも、どうやってキリストとの健康的な関係を保ってられるのですか? 教会の環境の中での交わりを持てますか ?

言ったとおり、いつも巡業なので結構教会が恋しいです。他の人達との交わりがありますが、神様とのものほどではありません。たくさ ん祈り、主のことをいつも考えています。何年もやってることですので、上手くなってますよ。

生まれ変わったクリスチャンとして、何を成し遂げたいですか?

できるだけいい人間になり、できるだけ主を愛し主に仕えたいです。究極は天国に行くことですが、それはどのクリスチャンにとっても 最終目標でしょう。

どんな面で人々に対して手本になりたいですか?

想いさえあれば何でも成し遂げれるということです。主を信じて、成し遂げるまであきらめないことです。

最後に一言。

神様の恵みがありますように。そして主のために戦うのを決して止めないでください。


Credits for pictures and images are given to these sites/people.

Copyright © 1995-2017 puroresu.com. All rights reserved. Privacy Policy

This site is hosted by Arisu Communications.